必要になる料金

株式会社設立時に必要な料金について気になる人も多いでしょう。では、会計事務所などが行っている株式会社設立代行サービスを利用した場合には、どれぐらいの料金が必要になるのでしょうか。もちろん利用する株式会社設立代行サービスによっても多少変わってくるのですが、大体20万円前後必要になると考えておくべきでしょう。この料金は、あくまで株式会社設立代行サービスを行っている会計事務所に支払う料金のみです。

 

他にも資本金の振り込みや仕事を行うための設備、建物なども必要になってくるので、かなりの資金がないと難しいと言えるでしょう。しかし、近年は資本金もかなり少ない額でも問題なくなりましたし、事務所なども賃貸で借りられるので、昔に比べればかなり少ない予算で起業が可能になりました。料金などもインターネットで調べることが可能です。

 

資金があまりないという人は、助成金が出る可能性もあるので、この助成金についてもきちんと調べておきましょう。よい会計事務所であれば、助成金などについてもきちんとアドバイスをしてくれます。助成金をもらうには当然条件があるので、条件に当てはまらないといけません。その他にも株式会社設立のためのアドバイスをいろいろとしてもらえるので、利用しておくべきサービスなのです。

Pocket

0

主なメリット

株式会社設立代行サービスを利用することで、その分料金が高くなるのではと考えている人も多いと思います。しかし、自分で手続きなどを行うことで、かなりの手間がかかってしまうだけではなく、ミスが発生してしまう可能性があるでしょう。その点会計事務所で設立の代行サービスを利用することで、ミスもなくなりますし、手間も殆ど必要なくなるのです。

 

ここで重要な点があるのですが、自身で行う場合には、当然会計事務所に支払うお金は必要なくなります。この分は当然料金が安くなるでしょう。その反面、自分自身で手続きを行うことで、必要になる経費が存在しているのです。それは定款に貼る収入印紙代です。代行サービスを利用すれば、この定款に貼る収入印紙代が無料になる業者もあるので、この分はお得になると言えるでしょう。

 

ただし、業者によって必要になる費用などは異なってくるので、どれぐらいお得になるのかは事前に情報収集をしておく必要があります。一般的に株式会社設立代行サービスを
行っているのは会計事務所になるのですが、会計事務所以外にも同様のサービスを行っている業者があります。いろいろな業者を比較して、どこに依頼するのかを決めるのが、起業への第一歩だと言えるでしょう。

Pocket

0

短い期間で起業

会計事務所などが行っている会社設立の代行サービスには、いろいろなメリットがあります。その中の1つに、短い期間で会社設立が可能になるというメリットがあるのですが、やはりできるだけ早い方が、それだけ早く収入を得られるわけですから、当然早いに越したことはありません。問題なのは起業までにどれだけ日数が必要なのかという点ですが、依頼する会計事務所などによっても変わります。

 

それでも平均すると、大体1週間から10日が一般的だと言えるでしょう。もっと早く起業できないのかというと、発起設立であれば当日に起業することが可能です。しかし、起業するなら当然届け出が必要になりますし、資本金の振り込みなども必要になるので、発起設立だけでは業務を行うことはできません。これでは設立したとは言えないので、形だけとなってしまうのです。

 

きちんと仕事ができるように設立するのであれば、やはり1週間から10日ほど必要になると言えるでしょう。登録申請をしたときに、補正日を教えてもらうことが可能になるので、知っておきたいという人は聞いておくべきです。もちろん自分自身で株式会社設立の手続きなどを行うと、もっと日数が必要になる場合もあるので、やはり会計事務所などの株式会社設立代行サービスを利用するべきでしょう。

Pocket

0

株式会社設立

最近は不景気で、会社が倒産してしまうケースもあります。場合によってはリストラされてしまう場合もあるでしょうが、このような事態になった場合には、自分で会社設立したいと考え、起業を考える人もいると言えます。なぜなら昔に比べて株式会社を設立しやすくなったからです。しかし、個人事業と違って難しい部分がたくさん存在していますし、株式会社は法人となるので、面倒な手続きなども必要になります。もちろん素人だけでは難しいでしょう。

 

そこで会計事務所などが行っている会社設立代行サービスを利用することで、全く起業について知らないという人でも、株式会社の設立が可能になるのです。もちろん無料で代行してもらえるわけではないので、所定の料金を支払うことになるのはいうまでもありません。いろいろなプランが存在している代行会社もあるので、やはり事前の情報収集が必要になります。また、多少は自分でもどのようにして株式会社を設立するのか勉強をしておかないといけません。

 

何でも人任せにしてしまうようでは、たとえ会社設立したとしても、今後きちんと経営できなくなってしまう可能性が高いでしょう。株式会社を設立する場合には、自分の持ち物ではなく株主の持ち物になってしまうということや資本金などのこと、税金や業務の進め方、人材募集や経営方針などは最低限でも知っておくべきです。当サイトでは会社設立をする場合に必要なことや、代行サービスなどについての情報を載せているので、今後経営をしてみたいと考えている人に伝えていければと思います。

Pocket

0