短い期間で起業

会計事務所などが行っている会社設立の代行サービスには、いろいろなメリットがあります。その中の1つに、短い期間で会社設立が可能になるというメリットがあるのですが、やはりできるだけ早い方が、それだけ早く収入を得られるわけですから、当然早いに越したことはありません。問題なのは起業までにどれだけ日数が必要なのかという点ですが、依頼する会計事務所などによっても変わります。

 

それでも平均すると、大体1週間から10日が一般的だと言えるでしょう。もっと早く起業できないのかというと、発起設立であれば当日に起業することが可能です。しかし、起業するなら当然届け出が必要になりますし、資本金の振り込みなども必要になるので、発起設立だけでは業務を行うことはできません。これでは設立したとは言えないので、形だけとなってしまうのです。

 

きちんと仕事ができるように設立するのであれば、やはり1週間から10日ほど必要になると言えるでしょう。登録申請をしたときに、補正日を教えてもらうことが可能になるので、知っておきたいという人は聞いておくべきです。もちろん自分自身で株式会社設立の手続きなどを行うと、もっと日数が必要になる場合もあるので、やはり会計事務所などの株式会社設立代行サービスを利用するべきでしょう。

Pocket

Written by admin in 未分類

Next Post

主なメリット

会計事務所などが行っている会社設立の代行サービスには、いろいろなメリットがあります。その中の1つに、短い期間で会社設立が可能になるというメリットがあるのですが、やはりできるだけ早い方が、それだけ早く収 […]

Continue Reading